Pickup 在宅お仕事インタビュー

在宅ワークでは、普段姿が見えなくても、多くの方と繋がっています。

在宅エンジニア36歳女性

36歳女性 京都府

お仕事の時間:9時-14時稼働、月に30時間程度
お仕事の内容:クライアントがサポート業務の一環として行っているサーバー月次運用レポートの作成を行っています。

在宅でお仕事をはじめた理由は?始めてみてどうですか?

 コロナ禍になり、外に出て仕事をすることに躊躇いを感じていました。家事と育児を中心とした今の生活の中で、自分が出来る仕事を時間をかけて探した結果、在プロ様にその希望を見つけました。
 稼働時間があまり取れない旨を伝えた上で、現在の仕事を紹介して頂きました。これが自分の希望と性格にぴったり。
 日常の中に「仕事」が増えたはずなのに、日々のストレスは減り、家事は集中して行えるように、そして子どもとの時間はより楽しめるようになりました。

お仕事をはじめてよかったことは?大変なことは?

 家事育児中心の自分のスタイルを崩すことなく、自分の時間の有効活用が出来た点です。特に子どもとの時間は大切にしたかったので、子どもがいてくれたからこそ、在宅ワークに踏み切ることが出来たと言っても過言ではありません。
 クライアント様には、子どもの急な体調不良時や園からの呼び出しにも対応して頂き、リスケした上で、子どもの側にいることが出来ています。
 在宅ワークは1人で行うというイメージがありましたが、普段は姿は見えなくても、いつも多くの方々と繋がっていますし、皆さまのご協力やご理解を心から感謝し、嬉しく思っています。
 大変だと思う点は、仕事も休憩も自宅なので若干メリハリが付きにくい点でしょうか。休憩中に洗濯物を畳んだり、掃除したりと家事をしていることが多いです。

在宅で仕事をする上で大切にしていること

 「仕事は時間内に終わらせる」です。
 気持ちの面も含めて、終業すれば主婦に戻ります。子どもを迎えに行き、帰宅後おやつを食べて一緒に遊びます。仕事がない日は、趣味のスポーツを楽しむなど。
 仕事を始めた事で、気持ち面の切り替えの大切さを知り、日常をより楽しめるようになりました。

在宅でお仕事をしようか迷ってる方にひとことお願いします

 仕事のブランク期間が長い、家事・育児が疎かにならないか等考えると私は一歩を踏み出すことが難しかったです。しかし、立場は変わっても自分のスキルや経験値を生かすチャンスがここにはありました。
 現在のあなただからこそ、出来る仕事はきっとあります。

在プロではたくさんの在宅スタッフが働いています!
「子育てや家庭の事情などで働きたくても働けない」という方は、私たちと一緒に在宅ワークを始めてみませんか?

簡単オンライン登録

-Pickup, 在宅お仕事インタビュー